So-net無料ブログ作成

非常時にガムの包み紙と乾電池でびっくりするほど簡単に火がつけられる [IT・科学]

非常事態で火を着けたいけどマッチやライターが無い。

そういう時どうします?

そんな時サ、サーっとクールに着けてしまうとかっこいいですよね。

役立ちサバイバル術を紹介した動画が、YouTubeに公開されています。

検索して見てもらうのが一番分かりやすいですが、解説を簡単にすると、


乾電池とガムの包み紙などに使われている銀紙を用意。
そんで、銀紙の中心はハサミで切ったり手でちぎったりして
2ミリほどの細さにしておきます。


これがポイントです。


それから銀紙の両端を乾電池の両端に触れさせると……
なんと一瞬にして火がつく方法です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ヤックの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。